早漏予防法

早漏になる様々な原因の中で、身体の病気、包茎や外傷などの器質性要因の他には、心理上で性的に対する劣等感や不安、恐怖などの気持ちを抱える、ストレス、また生活習慣の乱れ、オナニーのやりすぎ、更にやり方の違いなどにもつながります。それで、早漏を予防するためには、器質性要因以外の様々な要因から考えていたほうがいいと認められています。

生活習慣の直し

睡眠不足

現代人にとって、毎日、仕事を中心とする生活を送っています。それで、仕事や生活からの過剰なストレスを負うことはよくあります。過剰なストレスを負う場合、射精に関連する自律神経の紊乱を引き起こすことができ、早漏になりやすいです。また、規則正しくない食事習慣や、睡眠不足を持っている場合、メラトニンという脳内物質の分泌量を減少させることができ、更にメラトニンは早漏に関連するセロトニンという脳内伝達物質に密接な関係があり、メラトニンの分泌不足はセロトニンの不足になって、早漏をもたらします。

それで、不規則な生活習慣を直し、充足な睡眠を保証したり、規則正しい食事習慣をつけたり、定期的に過剰なストレスを解消したりすることなどの生活習慣をつけることは早漏の予防に優れた効果があります。

早漏防止トレーニング

早漏を予防するために、トレーニングを行っていることはとても有効だと認められています。早漏防止トレーニングは主にスクイーズ法とセマンズ法の二つがあります。

スクイーズ法は、射精しそうになったらカリの部分を強く握って射精しないように我慢する方法です。このトレーニングは、一般的にパートナーと一緒に行うことがおすすめです。具体的に言えば、相手にペニスを刺激してもらい、射精しそうになったらペニスをギュッと握ってもらって射精を防ぎます。こういう行為を最低10回は繰り返したら、早漏防止効果を得ることができます。更に、スクイーズ法はとても簡単で1人で行うこともできます。

もう一つのトレーニングはセマンズ法で、スタート・ストップ法ともいい、寸止めを何回も繰り返すことによって、射精するまでの時間を延長する方法です。通常、一人で行うことができなく、パートナーと協力することが必要です。やり方はスクイーズ法とだいたい同じ、射精しそうになったら、いったん動きをやめ、射精感がおさまったら再び動き出す。イクのを何度も我慢するということで、脳に射精のコントロールを覚えさせるのです。

つまり、早漏防止トレーニングはPC筋とBC筋の両方を同時に鍛えることができます。このPC筋は排泄や射精のコントロールに大きく関わる筋肉で、PC筋を鍛えることで血液循環をよくさせたり、射精をコントロールしたりすることもでき、早漏予防や改善に効果的です。

しかし、トレーニングを行いすぎることで、返って、筋肉が付きにくく、弱くなるということがありますから、注意してください。

早漏防止トレーニング

亀頭を鍛える

早漏になる直接な原因は亀頭の過度の敏感です。亀頭とは、ペニスで一番敏感な部分です。正常的な場合、性的快感を感じできるために亀頭の敏感が必要ですが、包茎や仮性包茎の場合、普段は亀頭は包皮に包まれているので、外界の刺激に弱くて性的刺激を受けると、刺激にあまり慣れていないことで早漏になりやすいと言われています。

こういう場合にあったら、亀頭オナニーやトレーニングが効果的だと考えられています。亀頭オナニーとは、亀頭の皮膚を直接に刺激するオナニーのことです。亀頭の皮膚を刺激することで、セックスする時の刺激にだんだん慣れて、早漏予防や改善オナニーとしての効果を発揮してくれることができます。

これに対して、亀頭が皮に保護されている場合で刺激されるオナニーは、皮オナニーと呼ばれています。皮オナニーは包茎や仮性包茎を持っている男性の中でよく見られています。皮オナニーをやり続ける場合、肉体的早漏になってしまいやすいですから、早漏予防には正しいオナニーのやり方を覚えたり、包茎手術を受けたりすることが大切です。

セロトニンの分泌を高める食事

豆乳

男性の早漏はセロトニンという脳内伝達物質に大きく関係します。セロトニンの分泌が少ないと、ドーパミンやノルアドレナリンが過剰に分泌されています。これによって、興奮しやすくなり、射精をコントロールできなく早漏になってしまいます。それで、セロトニンの分泌を高めることで早漏の予防や改善に効果があります。

また、セロトニンを作り出すモノはトリプトファンで、トリプトファンを多く摂取すると、セロトニンの分泌量を増加することができます。ちなみに、トリプトファンを多く含んでいる食物はバナナ、豆乳、牛乳、ヨーグルト、チーズ、アーモンド、赤みの肉、納豆、そば、白米などがあります。普段の生活で、これらの食物を積極的に摂取すると、早漏の予防や改善に有効です。

早漏防止コンドームを利用する

早漏は性体験が少ない若い男性の中で発症率が高いと言われています。それで、女性経験が少ない男性は女性とセックスを行う場合、早漏を防ぐために、早漏防止コンドームを利用することはオススメです。更に、こういう早漏は女性との性行為を繰り返すことによって治ることができますから、そんなに心配する必要はありません。