心因性早漏とは

心因性早漏とは早漏はストレス、食生活の乱れや運動不足などの不規則な生活習慣、また夫婦仲の悪さや人間関係のトラブルなどの原因で起こることが数多くです。最近、10~20代の若者から40代以上の中高年まで早漏の悩みを持っている人が多いです。若者が早漏になってしまう原因のほとんどはセックスに対する不安、恐怖などの精神的ストレスで、中高年の早漏は主に加齢や生活習慣による身体的ストレスで、射精をコントロールする射精閉鎖筋が衰えていることで起こります。若年層でよく見られている早漏は心因性早漏と呼ばれ、心因性早漏とは、肉体の障害に関わらず、ストレス、不安障害、緊張などの心理的要因で引き起こされる早漏です。

心因性早漏の具体的な原因

心因性早漏の人の場合、性体験不足、ストレスや過去のトラウマが原因となっていることがあるため、セックスする際、緊張が高まることで交感神経が活発になります。具体的な表現というと、女性の裸・表情・声・感触、あるいは性行為そのものに対して過度に興奮して早めに射精してしまいます。更に意中の女性とのセックスを妄想しただけで、女性の膣に挿入をする前に射精をしてしまうケースもあります。心因性の具体的な原因は以下のように説明します。

性体験不足の場合

性体験不足で、普段のマスターベーションは比較的射精をコントロールできても、実際に女性と性行為に至ると興奮しすぎて射精してしまう状態になってしまいます。更に直接ペニスに刺激をあたえなくても、頭の中でセックスに対する想像、妄想をしていると脳が性的興奮を感じてペニスは勃起し射精してしまう人もいます。これはEDにも共通する特徴で、神経の衰弱が下半身の悩みに直結するものです。

ストレスや過去のトラウマ

心因性早漏の原因ストレスというと、いろんな種類があり、大きく分けると精神的なストレスと身体的ストレスという二つ、また生活のストレスと性行為に対するストレスの二種類に別れています。すなわちセックスへの緊張や不安という性行為と直接的に関係があるストレスは射精に関連する自律神経を不安定にさせて、早漏になってしまいます。また、仕事の悩みや対人関係のストレスなどの生活のストレスが間接的に早漏を引き起こしてしまいます。

更に不慣れな性行為への恐怖や短小包茎などのコンプレックス、「前に性行為をした際に早く射精してしまい、女性を満足させることできなかった」といったトラウマなどが引き金となり、性的刺激に対して異常に弱くてすぐに射精してしまう心因性早漏もあります。

心因性早漏の改善

原因によって心因性早漏の改善は、性に対する経験が浅い、パートナーとの関係が悪化する場合、女性と触れ合う回数の増加、女性経験を重ねること、あるいはパートナーとの関係の緩和で早漏症状が改善されることができると言われています。ストレスで起こる心因性早漏は、ストレスを自分で解消、またパートナーからの協力でだんだん治ることができますが、もしなかなか改善されていなかったら、早漏防止トレーニング、早漏防止薬や病院での治療が必要だと考えられています。今の大人気な早漏治療薬はポゼット、リドカイン、スーパーカマグラなどの即効性がある薬と、生薬成分が多く含まれている漢方早漏薬があります。