ポゼットの成分と効果

ポゼットとは

ポゼットとはポゼットとは、サンライズレメディ社に製造された内服タイプの早漏防止薬で、2004年に開発された世界初の早漏防止薬プリリジーのジェネリック医薬品で、プリリジーと同じ、有名な早漏防止成分ダポキセチンを配合しています。ダポキセチンは脳内セロトニンという伝達物質の活発を抑制する働きがあり、それで早漏防止効果が期待できます。また、ダポキセチンの含有量によってポゼットは30mg、60mg、90mgの三種類に分かれています。無難に真ん中の60mgを選んだほうがいいと思われています。更にジェネリック医薬品として先発薬に必要な研究や宣伝の費用がないため、先発薬プリリジーよりもっと低い価格で購入できます。経済的な早漏防止薬として多くの早漏患者に愛用されています。他には、EDの方は早漏でもある場合が多いのでED治療薬と併用して使用する方もいます。

ポゼットの成分と効果

早漏の治療というと、今までペニスの感度を鈍らせることは主流の方法ですが、ポゼットは従来の早漏治療法と違って、ポゼットに含まれている有効成分ダポキセチンは脳内のセロトニンに作用して、性的刺激に対して必要以上の興奮を鎮めることで早漏を防止することになります。具体的に言えば、ポゼットの有効成分ダポキセチンは元々SSRIっていう抗うつ薬に使われています。ダポキセチンを主成分とするSSRIを利用しているうつ病患者から、射精まで時間がかかるようになってという報告が多くされたため、早漏防止の効果を持つことで早漏防止薬として作られてきました。

ポゼットの効果

ポゼットは過剰に興奮した脳を鎮めて射精までの時間を延ばすことができる早漏防止薬です。有効成分ダポキセチンは末端神経に流れるセロトニンの流れを妨害し、脳内に存在するセロトニンを増加する作用のあるシナプスの動きを援助しセロトニンの濃度をより濃くする事で、脳が興奮状態になることを止め、その結果として、興奮などの影響で起きていた早漏を発生させないようにして持続時間の延長効果を実現します。さらに、男性器の勃起から射精までのプロセスをコントロールできる交感神経·副交感神経の働きを抑制し、早漏を防ぎます。

早漏の具体的な原因や個人体質によってポゼットの効果は個人差があります。臨床調査から見ると、使用者の半数以上がポゼットの効果を実感できると報告されています。一般的にポゼットを服用後、射精までの時間が3~5倍長くなることができます。もちろん、成分含有量によって具体的な持続時間も異なっていますが、30mgの場合、普段と比べて2~3倍、60mgを服用して3~4倍に持続時間が延長するという効果が見られています。