PC筋を鍛える際の注意事項

PC筋を鍛える方法

早漏の原因の中には「PC筋が弱いこと」という原因も挙げられます。PC筋とは、簡単に言えば、射精を我慢するときに使われる筋肉です。生活習慣の乱れにより体調不良や運動不足はPC筋を衰弱させることができ、早漏になってしまいます。PC筋を鍛えることで、射精をコントロールすることができるようになり、早漏改善やペニスの増大に効果があります。

PC筋を鍛える方法

PC筋を鍛える方法としては、小便を途中で止めるとか、硬いウンコを途中でちぎるという方法が知られています。また、お尻の穴をすぼめるようにギュッと力を入れる運動を毎日10回ぐらい行うとよいと主張する人もいます。また、PC筋という筋肉を鍛える以外にも、亀頭の半ばまでを包皮が覆っているという包茎の場合、包皮に守られている亀頭は非常に刺激を感知しやすい、性行為のときに初めて強い刺激を受けることになります。その結果、すぐに射精感を催してしまいます。それで、トレーニングでこの部分を刺激に耐えられるようにすることで早漏改善に優れた効果があります。

PC筋を鍛える注意事項

PC筋を鍛える注意事項PC筋を鍛える際に確実な効果を発揮してくれるために、いろんな注意事項があります。PC筋を鍛えることが始めると、毎日続けることは一番大切です。実はPC筋に限らず、どんな筋力トレーニングも数日で結果が出ることはありえないです。一般的に効果が現れてくるのはせめて2ヵ月がかかると言われています。逆にやり過ぎの場合、筋肉痛を招き、尿道が圧迫され、尿を出し切った感じがなく、繰り返しトイレに通ってしまう前立腺肥大になってしまう危険性がありますから、注意してください。

また、トレーニングして24~48時間くらいの休息を取ると、筋肉力は少しだけ強くなって超回復の状態があります。これと返って、休みがなくてトレーニングを続けると、筋肉はトレーニング以前よりもどんどん落ちて行ってしまうオーバーワークになります。例えば、スクイーズ法の場合、一人で行うこともできれば、パートナーと一緒に行う場合もあります。一人で行う場合、注意したいのは射精をカリで止めるのではなく、射精する前に止めるという点です。また、射精後に止めても早漏改善にはつながりませんし、尿道炎などのリスクも高まってしまいます。

早漏改善トレーニングのもう一つの方法であるセマンズ法(寸止め法)が行われる場合、射精前の寸止めは問題ありませんが、排尿中の中断行為は尿の逆流による尿路感染症のリスクがあると認められています。更にPC筋を鍛える方法は軽度早漏に改善効果が期待できるかもしれませんが、重度の早漏の場合、効き目がないと言われています。