リドスプレーの使い方

リドスプレーとはリドスプレーとは、ドイツのWalter Ritter社によって製造·販売された男性用のスプレータイプの早漏防止薬です。局所麻酔薬の主成分として世界で広く使われているリドカインという物質を配合しています。局所の感覚を麻痺させる作用がありますから、亀頭にスプレーして、性的刺激に対する敏感度を低くさせることができ、早漏防止効果が得られています。従来の早漏防止薬と比べて、副作用の危険性が少ないために早漏男性の中で大人気があります。

リドスプレーの効果

リドスプレーの効果とは、含まれているリドカインという成分は強力な麻酔効果を持つため、医療分野における様々な外科的治療によく用いられています。具体的に言えば、リドカインは麻酔部周辺を一時的に麻痺させ、刺激を感じにくくすることができます。早漏防止薬の主成分として使われる場合、性行為時の摩擦刺激を弱め、勃起した状態で射精に至る時間を遅くさせる効果があり、また効果の持続時間は比較的に長くて副作用も非常に少なく安全な早漏防止薬です。更にリドスプレーの副成分であるヨヒンビンやテストステロンは、中枢神経に作用して勃起力を高める優れた効果を持っています。このためリドカインとの相互作用でより高い効果が期待できます。

リドスプレーの使い方

リドスプレーの十分な効果を保証するために、効果的な使い方を把握することが必要だと認められています。リドスプレーの使い方というと、使用する前にぜひペニスを清潔にしてください。性行為の30分前に陰茎など、敏感な幹部に2~3回位スプレーします。リドスプレーは膣内に作用し、女性側の感度を低くさせることもできますが、スプレーした後、10分程度の時間を空けて充分に吸収されると、水やお湯で洗い流す必要があります。通常、リドスプレーを2~3プッシュで10~20分程度で効果が発揮されてきますが、個人差がありますのでお好みの量で調節してください。

リドスプレーの使い方

リドスプレーの使用注意

リドスプレーを利用する場合、いろいろな使用注意を重視しなければなりません。リドスプレーは、陰茎への過剰な刺激を抑える早漏防止スプレーで陰嚢への使用などの陰茎以外の使用は禁忌となります。ペニスに塗布後は必ずシャワーでしっかりと洗い流してください。また、リドスプレーの使用量は個人差がありますから、自分に一番適切な量でいい、15分経過しても効果がないと思い、追加で吹きかけると後から効果が効きすぎて感度が極端に落ちてしまったり、快感を感じれずに射精まで至らない場合もありますのでご注意ください。

更に、陰茎が傷ついているときには、使用を中止したほうが良いと思われています。また、サルファ剤や不整脈の治療薬、アミド型局所麻酔薬などはリドカインの併用禁忌薬とされていますが、リドスプレーと一緒に使用することはできません。使用中、塗布した部分にかぶれやかゆみや、皮膚が赤くなったり腫れたりするなどの副作用が現れてくる場合、早めに使用中止してお医者さんと連絡してください。