包茎性早漏の対策

包茎性早漏とは

包茎性早漏早漏の原因は大きく分けると肉体的な要因と精神的な要因といった二種類に分かれています。肉体的な要因というと、過敏性、衰弱性、病理性や包茎性などの様々な面があります。特に、包茎性早漏を持っている人は早漏患者の中で多くいます。日本人男性の6~7割は包茎(仮性包茎)であると言われています。包茎とは、亀頭が包皮に覆われている状態です。仮性包茎は、普段分厚い皮が亀頭にかぶさっていることで、性的刺激を受けて勃起する場合だけで、亀頭が露出している状況をさします。

包茎(仮性包茎)の場合、いつも包皮に包まれている亀頭が外的な刺激に対して非常に弱いと言われています。これによって性行為(挿入時)の摩擦によって亀頭が強い刺激を受けるために、射精までの時間をコントロールできなくて短い時間で射精してしまう症状を包茎性早漏とされています。具体的に言えば、亀頭の露出が不十分で膣にペニスを入れた瞬間、皮がペニスの付け根方向に向かって押し下げられます。今まで皮で守られていた部分が摩擦によって擦られるため、亀頭が刺激に慣れていなくてすぐに射精してしまいます。

衛生面の問題

包茎衛生面の問題包茎(仮性包茎)で亀頭の皮が薄く敏感なために早漏になってしまうだけでなく、衛生面にもいろいろな問題をもたらすことができます。亀頭が皮に覆われている包茎の状態は尿の残留物や体の分泌物は溜まってさまざまな病原菌を繁殖させ、悪臭を発します。男性の亀頭炎や包皮炎を引き起こし、また性交渉を行う際にも、相手の女性の性器に恥垢を移してしまう可能性があるため、不妊症の原因や子宮頚癌を招く危険性が高いと言われています。更に陰毛が皮と亀頭の間に絡まる事も多く、これらが原因で亀頭周辺で炎症を起こしたり性病を誘発させるリスクも高まります。

包茎性早漏の対策

以上によって包茎性早漏の対策を早めに求めることが大切です。包茎、または仮性包茎で早漏が起こる場合、包茎性早漏に根本的な治療と言われているのが亀頭が敏感なことを解消することです。まず、亀頭、またペニスの皮膚が刺激に過敏に反応してしまう症状を改善できる亀頭オナニーやトレーニングを行うことが重要です。他には、早漏防止コンドームというものがあり、このコンドームによってペニスが刺激を受けにくくさせて早漏を改善することになります。更に亀頭を鍛える早漏防止の専用道具もあり、早漏防止トレーニングと併用することは不思議な効果が得られています。

包茎性早漏の対策

また、包茎を持っている人にとってよく耳にすることは包茎手術です。包茎を手術によって治すことが早漏の体質改善のための第一歩となります。包茎手術によって亀頭を露出させて外界からの刺激にだんだん慣れて強くなって、早漏が治ることができます。もし必要があれば、包茎手術が行われた後、早漏防止トレーニングを続けたほうがいいと認められています。包茎手術の場合、注意すべきなことはあり、手術によってペニスを少しでも大きくさせることができ、未成年なら、オチンチンが発育前か発育中でペニスの自然な成長に影響するかもしれないが、発育を終えた成人になったら包茎手術を受けることがおすすめです。

もちろん、包茎ですけど、早漏を持ってない方もありますが、手術をすれば早漏が治るとは一概には言えないのです。安全性から考えれば、早漏防止薬の投与は包茎性早漏に優れた効果があります。例えば、局部麻酔薬として世界の医療現場で広く使われているリドカインという外用タイプの早漏改善薬は、男性器に適量して塗布することで、男性器の感覚を鈍らせるため、射精するまでの時間を長く伸ばすことができると言われています。外用タイプの早漏改善薬の他にも、内服タイプのお薬もありますが、自分の状況によって一番適切な早漏防止薬を選ぶことは大切です。