EDになる原因

EDの原因EDの原因は様々ですが、大きく分けると精神面的な原因と身体面的な原因という二種類に分類されています。一般的に加齢でEDが起こることが多いですが、他には、不規則な食事、運動不足、暴飲暴食、喫煙や飲酒など毎日の生活習慣がEDの原因となって起こることもあり、更に糖尿病・高血圧・高脂血症・心神経障害など血液循環に関連する生活習慣病もEDを誘発しやすいと言われています。これらの原因によってEDは心因性ED、器質性ED、混合性EDと薬剤性EDなどの種類があります。

心因性ED

心因性EDとは、身体機能そのものに障害がない、ストレスや夫婦関係、また予期不安や抑うつなどの精神面の原因で起こるEDです。だいたい現実心因と深層心因の二つの面があり、詳しく言えば、仕事や家庭などの日常生活におけるストレスや、性交がうまくいかなかったことのトラウマなどの精神的ストレスが引き金となってしまっているのです。また、心因性EDは性行為の経験が浅い10代後半~20代前半の若い男性や、仕事で忙しくまた子作り世代でもある30代~40代の男性にもよく見られています。

心因性原因で性的興奮が神経にうまく伝わらなかったり、あるいはスムーズに陰茎に伝わりにくくなったりすることでEDが引き起こされています。更に最近、精神疾患によるED、「性欲が出ない」、「性行為が面倒」なども心因性 ED に属します。

器質性ED

器質性EDとは、主に手術や外傷、また病気や体の機能の障害に生じるEDのことです。例えば、高血圧、糖尿病、男性ホルモン低下、老化、前立腺手術後、下半身麻痺などの場合、血管や神経の障害や陰茎の外傷などになって勃起できなく、特に加齢に伴うEDも器質性EDに分類します。加齢によって動脈硬化を引き起こしやすい、動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まずEDが起こりやすくなります。

混合性ED

薬剤性ED
混合性EDとは、心因性原因と器質性要因か混在してもたらされるEDです。実は普段の多くのEDの例は単一の原因で起こることではなく、複数の要因が絡んで生じるEDが多いと報告されています。注意すべきなのは糖尿病や高血圧症、末端血管障害、肝機能障害、腎機能障害などの慢性疾患を持っている場合、心因性をきっかけとしてEDが誘発されることが少なくないため、注意してください。

薬剤性ED

薬剤性EDとは、ほかのお薬の服用で引き起こされるEDを指します。薬剤性EDを招きやすいお薬はおもに抗うつ薬、向精神薬、睡眠薬、またある降圧剤や薄毛治療薬などもあります。これらの薬物の副作用によってEDになりやすいです。こういう薬剤性EDの場合、薬物の服用止めに従って症状がだんだん改善されることができるはずですが、もし長時間にED症状がなかなか治らない場合、早めに医師と連絡してください。