早漏の基準と診断

早漏とは

早漏とは

早漏とは、性交時で挿入して射精に至るまでの時間が短い状態をさします。通常、早漏の人は性的刺激を受ける場合、過度に興奮して射精をコントロールできないため、すぐに射精してしまうことになります。重症の早漏は、挿入する前で、すなわち前戯の段階で射精が起こることもあります。

早漏は成年男性の中で発症率が高い性機能障害の一種です。調査によって日本では18~65歳の成人男性の3割が早漏を持っていると報告されています。更に性体験不足の10~20代の若者の中で早漏もよく見られています。それはセックスに対して緊張や不安などの気持ちを抱えて、また興奮しすぎるからです。他には、中高年層の中で早漏とEDを併発しているケースも多いとされています。

早漏の基準

早漏の基準

早漏の場合、この射精に至るまでの時間は30秒、1分や2分などでさまざまだといわれていますが、それで、早漏に関する具体的な定義はまだ決めていません。しかし、相手の女性が満足する前に射精してしまうことを早漏と考えればいいと認められています。

もちろん、世界で各医療機構も早漏について、科学的な基準を提供しています。その中で医学界によく採用されているものは米国泌尿器科学会に定められている早漏の基準です。この基準は以下のようになります。

①膣に挿入する前、もしくは挿入して1分以内に射精してしまう。
②挿入後に自分の意志で射精を遅らせる事が出来ない。
③性交で相手を満足させる事が出来ない為、苦痛やフラストレーションに感じる。

性行為を行っている場合、以上の三つの基準のいずれもに当たると、早漏とされている可能性がありますが、注意してください。また、一般的にセックスする際、経験が浅い、また当時の体調や気分などのせいで性的刺激を受けて、たまに我慢できずにすぐに射精してしまったこともあります。こういう場合を早漏とされるはずではなく、もし毎回起きる場合、早漏と言えてもいいと思われています。

早漏の診断

早漏の診断

通常、早漏の定義や基準によって早漏であるかどうかを自分でチェックすることができると言われています。自分で早漏を疑う場合、具体的な診断を受けることも必要です。現在の日本では以下の基準で早漏症を診断しています。

①IELTで2分未満の場合を早漏とされる
②膣内への挿入前、挿入途中、挿入直後のいずれかの時点で、本人の意思に反してわずかな性的刺激でずぐに射精してしまい、また、この状態が繰り返して持続している場合
③早めに射精してしまうことで深刻な人間関係の問題や精神的苦痛を引き起こしている状態に陥る場合
④射精をコントロールできない

IELTとは、膣内に挿入してから射精までの時間をさします。最近、IELTは早漏症の評価や診断の指標として広く用いられています。以上のように日本で定義されている2分以内のIELTという早漏の診断基準と違い、アメリカの泌尿器科学会はIELTで1分未満の場合を早漏とされています。また、もしIELTは1分未満でパートナーの女性が満足していると、早漏とは言えませんが、IELTが1分未満でかつ相手の女性を満足させることができない、また両方の関係に悪い影響を与える場合、治療が必要である早漏だと認められています。

また、早漏になるとき、自覚症状が現れてくることだけでなく、男性自身は気づかなくて、相手の女性に「早いね!」と呼ばれている他覚症状のことも少なくないです。それで、性行為の過程で相手の反応を注目することも重要です。他にも、早漏防止薬を利用して、症状が改善する場合、早漏と診断されていることもあります。

注意すべきなのは、具体的な原因によって早漏の種類も様々ですが、主に過敏性早漏、心因性早漏、衰弱性早漏や器質性早漏という四種類に大きく分かれています。近年以来、患者にもっと効果がある早漏治療方法を行うために、多くの病院やクリニックはこれらの種類に対して、早漏に関する精密な問題を設けて、患者が様々な問題に対する回答によってどの種類の早漏がだいたい診断されてとても便利です。

早漏の影響

早漏の影響

早漏にかかっていると、パートナーの女性を満足させることができなくて、男性としての自信がだんだんなくなってしまい、性行為に面する際に不安や緊張を持って、結局、早漏の症状を悪化させることになってしまいます。また、欲求不満な状態が長時間に持続している場合、恋人や夫婦の関係に悪影響を与えることもでき、別れること、不倫また離婚をもたらすかもしれません。

更に、早漏も男性不妊症の一つの重要な原因だと考えられています。不妊症に悩んでいる夫婦は器質的な病気を疑っているとともに、早漏という因子を重視しなければなりません。

それで、早漏の原因を明らかにして、自分に一番ふさわしい改善方法を早めに求めることが大切です。今の早漏の改善に効果的な方法は早漏防止薬の利用です。しかし、普段の生活で、早漏を予防するために、早漏になりやすい生活習慣を見直すことはもっとも重要だと考えられています。